サイトマップ

借り換えで使うマイカーローン

マイカーローンは車の購入時に組んだまま固定をしなければいけないわけではなく、より低い金利で借りられるところがあれば、借り換えももちろん可能です。最近ではマイカーローンの借り換えを行う方も増えてきているため、金融機関も低金利のローン商品を売り出してきています。

 

単純な話ですが、金利は低ければ低いほど、利用者にとっての負担は小さくなります。マイカーローン金利が低ければ利息の支払い金額が縮小でき、支払うべき利息が少なければ、月々の返済負担も小さくなります。今のローン返済では少し厳しいと感じている方も、マイカーローンの借り換えを行えば、楽なスムーズな支払いが出来る可能性もあるのです。

 

 

ただ、借り換えとして使う際には対応をする商品に申し込みをしなければなりません。また、借り換えの際には直近の半年程度の返済実績が重視されるので、現状のマイカーローン返済がここ半年程度の間に遅れてしまったり、何らかの出費が重なって不足入金となってしまっている場合には、借り換え先の審査に通らない可能性が高くなります。

 

基本として低金利のマイカーローンほど審査が厳しい傾向も強くなるので、借り換えに使える住信SBIマイカーローン借り換えを見ておき、審査の基準や申し込み内容を予め抑えておくと良いでしょう。

 

マイカーローンの審査基準

マイカーローンの審査基準はその契約先によって微妙に違ってきますが最低限これだけは必要といったものはどの契約先のマイカーローン会社でも共通しています。最低限必要な条件は以下の2点です。一つは自己破産もしくは債務整理の記録がないことです。一度自己破産や債務整理をしてしまうとその情報が個人信用情報機関に残ります。

 

マイカーローンを組む際にはどの会社でも必ず個人信用情報機関にある情報を閲覧します。そうした自己破産や債務整理の記録は5~7年ほど残るのですがそれがあるとよほどのことが無い限りマイカーローンは組めないでしょう。

 

もう一つは事故情報が記録されていないことです。マイカーローンに限らないことですが、もし他のローンやクレジットで支払い遅延などの事故を起こしていると、これも個人信用情報機関に記録されます。

 

そういった方も上述の自己破産や債務整理をした方と同様に5~7年ほど事故の履歴が残ります。その間はマイカーローンを組むことはかなり困難であるといえます。あとは、その会社によって重視するポイントは様々ですが、いずれにせよある程度の安定した年収があること、高額の融資をしたいなら安定した経済力のある保証人を立てられるかどうかが大事な点であるといえます。

 

まずは仮審査から始める

マイカーローンの審査は、金融機関で受けるなら仮審査から始めることになります。ネットで来店不要で行える申し込みで進められますので、手軽に気軽に仮審査が受けられるのです。結果はメールや電話での連絡となる場合が多く、仮審査に通過をしたら、契約のための本審査に進むのです。

 

ちなみに、借り換えではなく車を購入する際に金融機関でマイカーローンを組む場合には、借り入れ先によっては購入前、車種決定前でも仮審査が受けられるところがあります。低金利の金融機関のマイカーローンで借りられるなら高い車を、借りられないならディーラーローンで妥協をするために安い車をといったように、ローン審査の結果によって車を選ぶことも可能なのです。

 

より便利に賢くマイカーローンを使うためにも、まずはマイカーローン安いところの比較で低金利の金融機関を知り、申し込みを進めてみましょう。